内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
モロッコ旅

JUGEMテーマ:旅行   10月31日 木曜日 晴れ

 

楽しいというか

面白旅してきました。

 

夜中に着いた乗り継ぎの

イスタンブール飛行場で・・

初めてツアーの顔合わせ33名

なんか違和感

 

20代の女性がほとんど

60代が4人位

顏判断でいくと私が一番上

既に不安

 

ここイスタンブールで待ち時間が7時間

乗り継いでカサブランカまで4時間

またバスで

シャウエンまで7時間走る。

2日間かけて到着

 

バスに酔いもうヘロヘロで

夜遅くホテルに入る。

 

3日目

観光は青い街のシャウエンから

山の斜面に建つ白い家並み群

 

どの家も

壁が青く塗られ

(昔は女性の仕事だったと・・)

道が迷路の如く

細く曲がりくねり

階段ばかり

 

 

ここからびっくりが始まる

若い女性達が

ダウンコートを脱ぎ

白いレースのワンピースと白のひらひらドレスに

変身(青い壁に合うから・・)

 

何処もかしこも撮影スポット

ポーズを取り・・

全員撮影会が始まる

 

勿論私も・・?

娘も?

4日目はフェズ

ここは迷路の町

案内人なくしては歩けない

興味ある店ばかりだが・・・

ゆっくり見る暇はない

 

テレビで見た

皮のなめし工場も上からのぞく

かなりの異臭で

鼻の両穴にミントを詰めこんで

マスクもして

 

 

5日目

メルズーガへ

暗い中ホテルから4輪駆動に分乗

満天の星見ながら

超スピードで砂漠へ

 

ここでラクダに乗る

手際よく

ラクダを扱う現地の若者達

まずマフラーを全員に

海賊風に巻いてくれる

 

初めての体験ラクダ乗りで緊張とワクワク・・

 

前に倒れ後ろに倒れて・・乗り込む

(誰もが悲鳴・・)

4人一組で・・

暗い砂漠をゆっくり、ゆっくり・・月の砂漠を

途中で写真も

真ん中が私達

 

砂の頂上

敷いた絨毯に座り瞬間待ち

空が紫からオレンジに変わり

日の出

 

純粋な彼たちのサービスが素晴らしい

次から次へとポーズを変えて

写真を撮ってくれる

若者達は若者らしく飛び上がって・・

私達はそれなりに・・

 

でも、でも

「あ〜今私はアフリカの砂漠の中にいる」

 ・・・感動でした。

 

人生で初めて

そしてもう2度とない体験

 

 

都市から都市とへ移動のたびに

バスで4時間、6時間・・

 

岩の山脈をこえ サボテンと乾いた平原を

かなりのスピードで走る、走る・・

酔い止め飲んで・・

2時間ごとに休憩

 

 

6日目

世界遺産のアイト・ベン・ハットウ

昔の土で出来た家の集落

藁を混ぜて壁・・日本と同じ

ここも階段がきつくて・・

途中まで・・

アフリカは絨毯が生活の一部

何処でも美しい物が

ふんだんに使われていた。

 

これは欲しいな〜と

 

7日目

最後は大都市カサブランカ

ハッサン2世のモスクで最後

すぐ海が・・

 

イスラム教は

崇拝する偶像を持たないので

宗教画が無く

何処も自然の野花のモザイク貼り

そのタイルの美しいこと・・

 

一日5回のお祈り

手を洗い、足も洗って清めてから・・

沢山の水道が あちらこちらに・・

 

写真は全てモデルポーズ・・

これがしたかった!

こんな遊びがしたかった!

 

 

アフリカの砂漠

乾いた土の中での きびしい生活

顔の真っ黒の子供達の物乞い・・

この子たちの未来は??

色々考えさせられる事多しでした。

 

四季の潤いある日本は素敵!

今は好きな事して

好きなものだけ食べて・・

自由に・・

 

今回の旅行中は

殆どロングスカートの若者達

これが今時?

 

オバサン意識たっぷりで

異世界のモロッコを見て来た。

 

娘に、おんぶにだっこで・・

いい旅でした。

ありがとう

 

| | 06:13 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鬼怒川と足利と・・・

JUGEMテーマ:旅行   4月25日 木曜日 晴れ

 

一番いい季節がやって来た!

 

蟹の兄夫婦と姉

鬼怒川温泉へ

 

川沿いの山々は

新緑とまだ桜が咲き

淡い色に包まれて

トンビも鳴き・・

一年ぶりの再会・・風呂上り

バイキングで・・飲む、喋る

これは1回目・・

次の朝、念願の

足利フラワーパークへ

 

此処はメインは藤

着いたら

「春雨じゃ濡れて行こう・・・・」

そんな程度の雨

 

樹齢150年以上???見事な貫禄

これだけがまだ花房が短くて・・

 

パーク全体に・・

こんな感じの藤があちこちに・・

まさに馥郁たる甘い香りが立ち込めて

 

八重桜も・・

 

今朝は四谷の迎賓館見学

(入場料1500円)

 

公式行事、海外からのお客様接見、パーティーなど

写真が沢山飾られていて・・

 

「美智子様と同級生だから・・」と姉

 ひときわ興奮して

 体の老いもすべて気持ちがわかると・・

 

これから此処で儀式が沢山・・

豪華絢爛たる部屋がさぞ思い出に残る事に

 

観光旅行は「まず歩く事・・」

年寄りには

階段の上り下りが大変でした。

 

しかしお喋り好きな姉たちは大満足

「楽しかった! 来年も来たい!」と

| | 04:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
初めての伊勢神宮へ

JUGEMテーマ:旅行  11月26日 月曜日 晴れ

昇る朝日

海が見え

島が見え

ここは伊勢志摩に来ているんだ〜

 

朝の清々しい空気の中

バスに乗り込み

 

外宮を先にみて

内宮へ

まず大きな鳥居と

五十鈴川にかかる橋を渡る

なんとなく

神妙な気分になって・・

 

澄んだ「五十鈴川」が

皆が手を浸して「冷た〜い」

長〜い玉砂利道が

歩きにくくて疲れる。

本殿はかなり奥に

 

やっと見たことのある階段

 

階段上ると本殿?

しかし「ここまで!」

「中が見えない」

塀と門と賽銭箱があるだけ・・・

何となく広い庭の向こうに

大きな社が・・と

勝手に想像

 

写真も駄目

祈祷を受ける人?だけが・・

横の方から中に入っていきます。

「どうすれば中に入れるのですか」と聞く男性

「神宮に貢献などがあった人だけが祈祷を・・」

 

何年か前に

たしか賢島であったサミットも面々

オバマ大統領、メルケル首相・・

ここの階段で

 

休憩処に

並んだ記念写真があった。

 

見終わって

3時間の自由時間

「お腹が減って・・」

「うどん食べよう」

 

何年かまえテレビで騒動を写していた

「赤福」の店も

 

土産物屋、食べ物の店が並ぶ横丁へ

迷子になりそう・・

何処までも店が続く

帰りはフェリーで

伊良子崎へ渡り

浜松から新幹線

新幹線の中一緒のツワー客

おばさん6人組が

ワイワイ、ギャアギャア大声で

大騒ぎ!

一般客がいるのに・・

常識の無さに腹立たしく・・

 

最後の〆がこれ!疲れた!

| | 05:02 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
香嵐渓と伊勢参りへ

JUGEMテーマ:旅行  11月25日 日曜日 晴れ

 

夜遅く帰りました

3連休の行楽日和

紅葉も満足

人多しも祭り気分で華やぎ

楽しかったです。

 

一日目

新幹線で豊橋

ここからバスで香嵐渓へ

先ずシラス弁当でバスの中で

腹ごしなえ

有名ですが初めて

銀座並みの人出、出店も

綺麗な川沿いに・・見事な紅葉

寺もあり風情もあり

見終わってバスで

「なばなの里」

これは昔の長島温泉

今はイルミネーションで

世界的に有名とか

川沿いに移る木々のライトアップ

動く川面

壮大なスケールの

イルミネーションのショー

日本の童話が

和の音楽と共にどんどん絵が変わり

和の動きと色で

それは見事というよりも圧巻!

 

 

 

 

光のトンネル

 

夜の行楽地

此処もかなりの人出

最後は花火が

 

戸田の花火とは

色合いも豪華さも違って感動

伊勢までまだバスに揺られて

10時ごろホテルへ

 

よく食べよく歩きの

1日目でした。

(写真が多くて整理できず

伊勢は明日に)

| | 05:18 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ロシア旅行アルバム

JUGEMテーマ:旅行     11月11日 日曜日 はれ

 

ロシア旅行のアルバム出来ました。

見てくださいませ。

(写真に説明書いてますが・・・

  ひょっとして見られないかも・・)

 

左側(下)のLINKS(リンク)にも

挿入してあります

 

モスクワの

・クレムリン「赤の広場」

 

サンクトぺテルブルグの

・ピョートル大帝の夏の宮殿

・エカテリーナの夏の宮殿

・エルミタージュ美術館

 

どの宮殿も

豪華絢爛、金銀の宝石

限りない宝飾品で飾られ

 

働かせる人がいて

働く人がいて

高い技術が生まれ

富む人と貧しい人もいただろう・・

複雑な気分にも

 

1部分だけの観光ですが

ロシア、ヨーロッパの歴史は

日本とは桁が違う

 

今回の旅行は

大きな豊かな国で

沢山食べて・・楽しかった!

 

アルバムはこちらの写真をクリック ↓↓

 

日曜日です

朝から手紙を書き伝票を書き

二人でカレンダー仕事

 

梱包は

几帳面な蟹におまかせ

昼までかかり‥お疲れ

 

ランチ

散歩がてらインドカレーを

蕪と鶏肉を中辛で・・

私のおごり

 

 

帰り道

火照るお腹抱えて・・

 

秋明菊

沢山咲いてた。

ピンク色も又良し・・

 

穏やかで

のんびり日曜日でした。

| | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
素晴しいロシアの旅

JUGEMテーマ:旅行   11月6日 火曜日 晴れ

 

朝8時過ぎにはモスクワから成田に到着

 

非日常の旅は

楽しくもありですが・・

どこか体も頭もすっきりしない・・

帰ってうどんを食べて落ち着く

 

モスクワ、サンクトぺテルブルグ

ハイライトロシア7日間

 

何となく地味な国程度の知識しかなくて・・

 

ところがところが

大きな建物ばかりで

美しくて

もう街並みのスケールが大違い

驚き

 

そして

ロシア人の骨格の良さ

肌の白くて美しいこと

そして無口・・・

 

初日はモスクワ赤の広場

クレムリン(城塞)

囲まれた中に

 

玉ねぎの頭の寺院やら

修道院・・

色様々・・

まるでおとぎの国

 

ガイドの話をききつつ・・

本当に異国に来た実感!

ふんだんに金を使った

宗教画が沢山

2日目も

食事は勿論ロシア料理

鶏肉とジャガイモも煮込み

モスクワから

列車に乗って4時間

サンクトぺテルブルグへ

 

ピョートル大帝の夏の宮殿

雄大な噴水で有名ですが

冬はなし・・で

待ち時間なしの見学

贅沢でしたが

残念!

 

部屋は何処もかしこも

絢爛豪華の一言

調度品も

ダイヤ、エメラルド、真珠・・

しかし

これだけの富がどうして????

 

庭の落ち葉の上をリスと共に散策

エカテリーナの夏の宮殿

一番の見どころ

有名な琥珀の間

ここだけは写真禁止でした

 

「あ〜…すごい」皆さん溜息

 

エルミタージュ美術館

此処は見慣れた

有名画家の作品が・・沢山

楽しみながら・・

 

有名画家の作品の前で

ポーズとりながら・・贅沢の極み

今回はホテルも上等

ロシア料理も美味しくて

ボルシチ、ピロシキ、ぺリメニ・・満足

 

最後の晩餐は

牛肉料理たべながら・・

彼たちに

リクエストしてロシア民謡

「百万本のバラ]を

一緒に歌って〆でした

 

よく歩き、よく食べて・・

楽しい旅。

 

余りにも大きくて

豊かなロシアの国

イメージがすっかり変わりましたが

 

最後の空港での

従業員たちの態度には

矢張り社会主義国!

 

言葉が通じない難しさ

でも

「スパシーバ」ありがとう

 

| | 06:28 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
奈良3日間旅

JUGEMテーマ:旅行 7月4日 水曜日 晴れ

 

暑い中を

よく歩いた3日間の旅

 

「箸が転がっても笑う」

若者でもないが

失敗、うっかりの連続で

笑う、笑う,笑う…

これが唯一ストレス解消で

 

初日

京都から奈良へ

万葉での歌を思い出す

天の香具山、山並みに囲まれて・・・

果ての果て・・「室生寺」へ

この時期観光客はなく

門前の店は全部休業

 

階段が多くて・・

五重塔まで

DSC_3232_20180704211043.jpg

1時間に1本しかないバス待ち時間

只1軒の店で

ふわふわかき氷で人心地

DSC_3239_20180704211102.jpg

 

2日目

橿原神宮見て

今井町へタクシーで

江戸時代に栄えた町が今でも

街並みが美しく残る

称念寺の庭

気品がある蓮にほっ!

DSC_3258_20180704211014.jpg

豊田家に残るという

伊藤若沖の本物?掛け軸とか・・・

筆のタッチは・・・・・

確かに其れらしく見えるが・・

DSC_3264_20180704210949.jpg

午後から法隆寺予定

観光地なのに・・足が無い!

思い切って又タクシー拾う

代金7千円を

おばさんの楽しい会話力で

1割引き・・やったね!

 

法隆寺の中にある

中宮寺で美人観音菩薩を見てから

歩く・・暑い!

DSC_3274_20180704210933.jpg

有名な法隆寺でも

夏は一般の観光客は少ない

修学旅行の子供たちが・・

汗拭き拭きガイドの話を聞く

 

3日目は奈良市内

ここは駅前から歩ける

東大寺、興福寺、二月堂・・・の観光地

外国人多しで・・賑やか

雨が降ったりやんだり

 

若草山

中学の修学旅行で

お土産に悩んで悩んでお盆を買った

確かこの当たりの店で

鹿が記憶をよみがえらせてくれる

 

DSC_3305_20180704210831.jpg

紅葉の緑と雨で濡れた階段・・

この上にもお寺??

でも階段上る勇気がない

DSC_3303_20180704210842.jpg

東大寺

何年ぶりの大仏様

貫禄ありました

DSC_3299_20180704210855.jpg

 

毎日暑かった!3日間

のんびりのんびり歩きで

汗ふきふき・・

 

楽しみは三回の食事

ホテルのバイキングは美味しくて

朝の活力とお喋りタイム

DSC_3243_20180704212702.jpg

 

夕飯は知らない街を

美味しそうな店を探して飲む!

 

暑さに階段に・・負けつつも???

毎日1万歩近く

沢山の仏像から

癒し心をいただいた

いい思い出つくり

 

もう2度と行くことが無い奈良に

お別れして

 

新幹線中で駅弁が旅の〆

| | 05:11 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
グアムから帰る

JUGEMテーマ:日記・一般    2月7日 火曜日 晴れ

 

3泊4日 グアム楽しんで

来ました。

 

まるでハワイのミニ版

ワイキキにいるような・・

花で溢れ

知らない花、実も

DSC_2006_20180206204348.jpg

DSC_2066_20180206204311.jpg

DSC_2023_20180206204253.jpg

有名ホテルが立ち並び

観光客は

日本人と韓国人が

殆ど・・

それも若い夫婦の子供連れ

 

私たちは坂の上のホテル

毎日歩いて海岸へ降りて

息を切らして帰る事に・・

 

目の前が飛行場

飛び立つ飛行機も見える。

6階の部屋から

DSC_2044_20180207053453.jpg

ホテルの壁画

1517917459593_20180207053533.jpg

直射日光はきついが

湿気はなく・・

海岸はサンゴの色で

ピンクがかった細かい砂

1517951479484_20180207061145.jpg

泳ぎました・・浮き輪で

昔、昔ハワイで買った

時代遅れの水着

1517917620584_20180206204729.jpg

 

2日目はオプションの

島をぐるり1周

 

戦争の影は見えないが・・

慰霊塔が・・

DSC_2088_20180206204943.jpg

砲台が・・

1517917518335_20180206204830.jpg

日本製の潜水艦

1517950074770_20180207054820.jpg

記念館では

大戦時の映画を

人様が済む土地を勝手に占領して

その時は「大宮島」と名付け

日本も随分悪い事を・・

「申し訳なかった」そんな気持ちが・・残る

 

横井さんが

28年も隠れていたいた所も

入り口にレプリカが

滝の300mも下の方に・・

DSC_2061_20180206204207.jpg

 

DSC_2076_20180207055557.jpg

 

「食事はなし」なので

 毎日「何食べよう??」

ステーキ、韓国料理、日本料理と・・

ケンタッキー・・とか色々

 

ドルを使い時々英語

そんな違う空気を吸い

ベッドでのんびり海を眺める・・

 

いい旅でした。

 

| | 05:25 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
奥多摩へ

JUGEMテーマ:旅行  11月4日 土曜日 晴れ

 

せめて連休のうち

一日は外に出なくては・・と

 

思いついた緑は奥多摩

ネットに「鳩ノ巣渓谷」がいいとか・・

 

朝はサンドイッチ作り

しっかり食べて・・

炊いた2合のご飯は

全部おにぎりにして・・・

 

いざ出発!

 

空気が暖かくて

行楽日和

 

武蔵野線で西国分寺

乗り換えて

 

鳩ノ巣駅で降りる

DSC_9737.JPG

  

駅からすぐ下に降りていくと

渓谷と素敵なつり橋

余り紅葉はしていない

人もまばら・・

 

DSC_9754.JPG

川沿いの道を歩き始める

 

岩場が多くてすべる

足元が危うい

 

横は滔々と流れる川

吸い込まれそう・・で

一歩踏み外したら

あ〜恐ろしい

 

1509769197764.jpeg

足かなり危険で

景色を眺める余裕が全くない

 

途中で水のながれが・・あれ?

川を下っているつもりが・・

川上へ歩いていることに気づく

戻る訳にもいかず

 

岩場が終わって今度は急な

山登り???

石の階段が続く・・・

枯れ枝の杖みつけ・・休みながら

ここが一番大変で・・疲れた!

(わかっていたら・・来ない)

 

登りきったところで

ランチタイム

 

白丸ダムに着く

この頃ダムブームだそうで・・

 

DSC_9753.JPG

放流されている水の勢いがすごい

美しい虹も・・

 

DSC_9748.JPG

貯水池も大きくて

脇道がまた長く続く

DSC_9755.JPG

終って・・・ほっ!

充分満足・・(大股効果あり)

1509769268010.jpeg

結局

鳥の巣駅から白丸駅まで

川沿いに一駅

ゆっくり休み処がなくて

 

武蔵浦和の駅で

一杯飲もう!で 寿司つまみつつ

ビールで乾杯で休憩

3時には帰宅

 

DSC_9763.JPG

 

| | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ロンドンアルバム

JUGEMテーマ:旅行      10月11日 水曜日 晴れ

 

ロンドン旅行のアルバムが完成しました!

 

↓ここをクリック!

ロンドンアルバム

 

左側のカレンダーの

ぐっと下の方に

リンクも貼ってあります。

見てください。

 

娘が編集

下の娘夫婦がロンドンに住み2年目

ウインブルドンで「日本料理店」を

 

上の娘と訪れて

ロンドン市内、バッキンガム、美術館、買い物・・

コッツウォルズを4人でドライブ

彼の店での食事

1週間の

思いでたっぷりの旅行写真です

 

この時蟹は上海から帰ったばかりで

留守番

 

今朝は

外は真っ白の世界で明けました。

新幹線が

東京方面へ

走り抜けていく

DSC_9309.JPG

遠くは霞んで全く見えません。

 

草など花摘みしながら・・歩く

 

オシロイバナが

黄色、橙、ピンクと群生

朝はまだ甘い香りが・・

 

こんな風に活けるのも

大好き

 

DSC_9321.JPG

帰って・・・

今朝は久しぶりのパン

 

辛子たっぷりぬって・・

チーズも、ハムも・・

蟹が淹れてくれたコーヒーと共に

 

 

DSC_9325.JPG

朝の連続ドラマが

「わろてんか」に変わり・・

 

関西系の時代物は

丁寧に作ってあるようで・・好き

8時まではのんびり朝時間を・・

 

10時

「アンニョン」

喫茶店でお喋り会

 

目的は

韓国語で会話ですが・・

 

女性集まれば話題多しで

あちらへ飛び

こちらへ飛びですが

 

そんな中

新しい単語をつかみ取るのも・・

これまた楽しく

 

友ありてこそ・・のいい時間

「誰が来ても良し」の集まりで

 

午後から

又巻きスカート作る。

 

縦横縫うだけなので

もう3枚目となれば

目分量もいいとこ

 

30分のもあれば

 

ズボン?パンツ?か

(どちらがいいのかいつも迷う)

履くほどには寒くなく

ちょっと女性意識も?

また色を楽しむ

おしゃれ気分にも・・なって

 

ウールは皺にならず・・

履くに簡単

あたたかい

 

寒くなるまでの

色遊びのお楽しみ

 

DSC_9330.JPG

 

| | 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/8PAGES
  • >>