内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
リンゴの幸せ

JUGEMテーマ:日記・一般 4月27日 木曜日 晴れ

 

朝5時前

ブログUpしてから

パソコンにへばり付き

 

6時前・・途中で

蟹が作った

味噌汁の朝ご飯を食べ

 

また韓国語の作文と

宿題と・・

韓国語浸けで9時半まで

 

DSC_5271.JPG

 

授業へ

たった1時間の授業ですが

先生との会話に

「習いだしてもう何年?」を考えると

いつまでも

初心者顔も出来ずに・・・

相づち打つが・・

 

分らない時には

分らないと開き直る!

 

生徒が4人になり・・

緊張感も分散されるが・・・

 

まあ記憶力の低下もあり・・

単語を忘れること多しで

困ったもの

 

終わって「ランチ行く??」で

公民館の隣の和の店へ

 

お寿司をオーダーして・・

のんびり

言葉談義

 

握り寿司の

ご飯の量が多くて・・満腹!

 

DSC_5270.JPG

 

昼寝の後は

そしてミニタペストリーの

続きを

乾いたら上から模様を塗り込むで

結構時間がかかるもの・・

 

今「アップリケしています…」ふうです

DSC_5291.JPG

 

切り絵

少し硬い紙

大胆に・・線だけで・・リンゴとバナナ

 

DSC_5275.JPG

業務用スーパーへ

二人で両手に一杯・・

 

リンゴが好きで毎日

 

お口、スッキリ感の味が好き

サラダにおやつに・・

今日は王林を・・

 

今、一発触発な雰囲気の・・

世の中で

 

いつまで幸せリンゴを食べ

続けて行けるのだろう

 

DSC_5290.JPG

 

| 上海蟹の横歩記 | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
9ヶ月ぶりの上海(2)
JUGEMテーマ:旅行  
 
すいません。大した中身有りませんが、
昨日に引き続きお付き合いください。

今回は2週間の予定で上海へ
カレンダーの販売は、日系企業か日本人向け店舗
中国は無料で配る習慣がなく、カレンダーは自分で買うもの。

壁掛けは中国の場合、壁がコンクリ―トなので留められない。
全部卓上カレンダーです。

毎年5,000部印刷していつも完売
斉放さんの画が良いのか! 蟹の営業手腕なのか??
どちらにしても、蟹が上海蟹になれるのはカレンダーのおかげ!!



このお店はJAZZ Bar  
今年からの新規開拓
生演奏でボトルさえあれば、毎回100元(1,600円)


B52爆撃機というらしい。
これをストローで一気に飲む。
この店もショットバーで新規開拓


この店はフィリピンパブで昨年から作ってくれました。
どの店も日本人相手ですが、中国人オーナーで、長年の付き合い

昨日は上海料理は甘いと言ったが、
今日の料理は安徽省料理



見るからに辛そうですよね。実際辛い!
醤油味の黒くてしょっぱくて辛い。


安徽省は上海の隣の省で新幹線で3時間程度
女性も男性もほとんど上海に出稼ぎに・・・
農村でトイレも外で戸も無いような家が多い
一昨年、結婚式に行って苦労した話を書いた
記憶があります。



一番のごちそうは地鶏料理、農村なので庭や畑に放し飼い
上海人への最高の贈り物は生きた地鶏だそうです。




中国は料理が多いので、余ったものはこうして持ち帰り、
安徽省の友人がご馳走してくれました。

ここからは自腹の世界!
日本の友人たちと飲み会。
食べ飲み放題240元(約4,000円)の日本料理です。
最近は円安のおかげで何でも高く、ついつい円換算してしまう。
一昨年あたりまで、1元=12.5円でしたが、最近は17円位になり
両替するのが怖いくらいです。
実は私は昨年の売り上げを中国の銀行に入れたまま、両替せずに
すみました。カレンダーのおかげ・・・!!!






やはり、日本料理は良いですね。
ビール・焼酎・ワインどれも飲み放題
実はこの店、飲み放題で焼酎の芋・麦・米、飲ましてくれる
唯一の店。
中国人経営だと焼酎と言えば、韓国の真露位しか出さない。
上海は食べ飲み放題が一般的で、最近は180元〜200元程度。

やはり、日本料理が落ち着きます。



このトマト甘くておいしかった。

日本人は休日は、単身なので暇人が多く良くゴルフをします。
私も2回ゴルフコンペに参加しました。
上海から1時間走ればゴルフ場が沢山ある。
上海のゴルフの歴史は浅く、ゴルフ場の一番古いのが日系の
ゴルフ場で、30年位にしかならないそうです。
だから、私が上海に来てから出来たゴルフ場がほとんど・・。



上海は山が無いためまっ平ら、そのぶん池とバンカ―でガード。


コンペの時はバスで送迎してくれるからとても楽ちん!

今回、2回共に20人のコンペで 1/3が中国人です。
このコンペは、日本料理店のコンペでした。
因みに言わして貰えれば1回目は私が優勝!!!!
2回目は???


表彰式は上海に戻って盛大にやることが多い。
これが、新人を歓迎し旧交を温め、中国人とも親しくなる。

私も2回のゴルフコンペで、カレンダー3店舗を新規開拓。
長い付き合いの仲間は、いつ行っても大歓迎してくれる。
私にとっては、上海は良いところです。

2日間にわたり、しょうもないブログに付き合っていただきました。
明日からは「SEIHOな日々」に戻ります。

今回の私のお土産は・・・


1Kg 20本入り ですよ!!
雲南省のマツタケは終わり、今は東北地方の
吉林省とか北朝鮮からの物が多いそうです。

 
| 上海蟹の横歩記 | 05:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
9ヶ月ぶりの上海
JUGEMテーマ:旅行    9月21日 土曜日 晴れ

蟹です。
上海横歩きして来ました。


毎年この時期になると上海へ
真の目的はあくまでカレンダーの販売
友人たちと旧交を温めるのはサブ・・!?

反日とスモッグ・食の安全等々で日本人が激減
上海に8万人が6万人を切るという。
昨年までカレンダーを買ってくれていた店も何軒か無くなって・・

但し、私の関係の友人たちは大歓迎してくれました。
久しぶりの上海、今回は写真で近況報告します。




行った次の日は必ず一緒に食事
上海留学当時からの友人で二人とも上海人。




ここは毎年1回 必ず行く鉄観音茶の問屋さん
ここはお茶問屋が集まっていて中国茶が何でもそろう。



今回の鉄観音茶100g×10箱


9月8日は中秋節、月餅を送る習慣が・・
最近は餡ではなく肉入りが人気、5個買うと1個おまけと書いてある。



月より団子、この日は食堂も家族連れで満杯



私も友達の家族から上海料理をごちそうになりました。




上海料理は、
甘いので初めはおいしいけど段々甘さが残って
食べられなくなる。

チョット気分転換!!!



毎度おなじみの交通事故、この中に警官1名、当事者のタクシー運転手
バイクのおばちゃん。さて何処に居るでしょう??

この後、やじ馬で二重三重に・・!



今でも赤信号でこの状態、この感覚で海外旅行をするから問題が???


バイクがずらっと並んでいる。
これ全部がモーターバイク、後ろから音もなく突っ走ってくる。
モーターバイク、2〜3万円で買える。




最近の私の定宿は、ファミリーマートの2階で地下は地下鉄駅。




朝食はファミリーマートのおにぎりかケンタッキー



昼は日本料理のバイキングか熊本の味千ラーメン
但し、日本人客はほとんどいない。味も中華風??




最近絶対に食べないのが揚げパン、下水油を使っているとか・・・。


ホテルの近くに市場がある。午前中はとても賑わっている。





かぼちゃ、
この種類は日本かぼちゃとわざわざ書いてある。




魚を輪切りにして売るから、頭だけ残るのかな・・?

写真ばかりで、もう飽きましたか??
今日のところは、この程度にしましょう!

最後の口直しに・・・



  「もれそう・・」



これは無錫の下着メーカーが桃とコラボして売り出したら

すごい人気で即売り切れ?
1箱5,000円だそうです。

もう1日お付き合いください。

 
| 上海蟹の横歩記 | 05:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
春が来た
JUGEMテーマ:日記・一般  3月7日 木曜日 晴れ

 
  曇り空
  厚いマフラーは流石にいらない

  右に左に曲がりながら
  路地裏
  お宅拝見コースで・・・

  お庭に
  ボケの花が

  130307_0640~01.jpg

  南天柊か?柊南天か?
  これは甘くていい香り

  130307_1546~01.jpg

 お昼までは必至で働いて

  午後韓国語の教室へ

  ドアを開けたら先生一人
  「え? え?・・・・」

  こんなことあるかしら
  忙しくてお休み・・・と

  なんとも生徒一人
  贅沢な個人授業になりました。
  私に合わせて易しく
  

  あと20分で終わり・・のところへ
  「仕事で遅くなって」と
   一人登場

  先生の喜ぶ顔・・・そしてハグ!

  よくわかるこの気持ち
  教えていて
  生徒が少ないのは一番淋しい

  
  中身の濃い授業に当然なります
  私にとってはラッキーでした。

 久しぶりに一人夕飯

  今日は蟹が静岡へ
  同級生がなくなり通夜

 
  パンを焼き
 
  野菜炒めたっぷり作り
  ビン詰め、常備菜を並べて

  130307_1829~01.jpg

  500mリットルのビールを飲みながら
  ブログを書いて

 この頃業務用のお店で買う
  安くて気に入っているもの
   

  130307_1829~02.jpg
  130307_1916~01.jpg

  きゅうりのピクルス
  キャベツの酢つけ

  刻みにんにく(パンにたっぷり載せて焼くと最高)

  それにアンコ・・時々ペロリ
  このあっさりした甘さに
  疲れもふっ飛ぶ

  静岡へいった蟹今日は帰るのやら
  泊まるやら
 
 
| 上海蟹の横歩記 | 05:47 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
上海蟹の横歩記

  西安一人旅(続編)


 一昨日、途中まで書いて飲みに行ってしまいました。
昨日の朝5時、電話で起こされ「今から続きを書いて直ぐアップして!」
急いで書いたので少しはしょりました。



スーパーエイトホテル
米国系ビジネスホテルというかモーテル。
西安は城壁で囲まれていますが、その中心「鼓楼」の近くで超便利。



ライトアップされ、夜景も美しい鼓楼

白タクに送ってもらい、お腹もすいたので直ぐに外出

レストランに入り注文して待っていると、突然隣のおばちゃん3人組が
怒りだした。

注文した料理と違うという。店員では埒が明かず責任者も来たがダメ!
日本では「すいません、直ぐ取り替えます」で済ますが
中国では絶対に「ごめんなさい」の言葉は聞けない。
最後責任者が料理を持って行ってしまう。

この話を一昨日上海に戻って中国人に話したら、その後の仕返しが
もっと怖いという。次に出す料理には食べ残しを入れたり「つば」を
吐いて持ってくるという。   おぉ〜怖い!


2日目   華山登山ツアー

待ち合わせ場所が分からないので、ホテルに迎えに来てもらう。



33人乗りのバスが満席

全員が中国人、チョットビビったが腹を据えるしかない。
ツアーガイドが大声でしゃべっているが全く分からない。

仕方ないから、ガイドに日本人で中国語は良く聞き取れないと言うと
ニコッと笑って、パスポートを出せという。
実は65歳以上は割引が有るらしい。



2時間掛って華山の麓近くでトイレ休憩
観光地のトイレは最近は良くなったが、ここのトイレは最悪。
1ルームに小も大も仕切りなしで丸見え!!
女性達から大ブーイング。



山の麓で昼食、この辺りからツアー客とも大分打ち解けて席を空けてくれる。

麓で別のバスに乗り換えてロープウエーまで。
バスに乗るのもロープウエーに乗るのも私だけ通してくれない???

その都度パスポートを出せ???外国人に意地悪か!
よくよく説明を聞くと割引しているので年齢確認しているらしい。



ロープウエーで一気に1500mまで登る。



終点から階段で山頂まで



こんな通路も有るが私は通るのをやめた。



土曜日とあって北峰の山頂はごった返している。



折角なので家内平安のカギに夫婦の名前を彫ってもらう(100元)



北峰山頂(1615m)の撮影スポットの向こうの支柱上部に取り付け。
もし行く機会が有れば探してください!

ホテルを8時に出て、戻ったのが20時、長旅でしたが帰ってみれば
楽しかったね!
ツアー代金478元の内、割引155元も戻してくれた。

兵馬傭・華山と行き、次に行きたい場所へ。



少数民族「回族」の生活する回民街





左の食べ物はお米を小さな木のセイロで蒸し砂糖かタレを付けてくれる。
右の食べ物はピザの皮のような物の間に、餃子の具を入れ油で揚げる。
どちらも腹が減っていたせいか美味しかった。



私の目的は泡模(木へんでわなく食へん)パオムーを食べること。

春雨みたいなうどんとパン・羊肉を入れスープをかけたもので、
西安料理の名物。
美味しかったがゆっくり食べるとパンがどんどん膨らんでくる。

今日一日、たっぷり遊んで有意義でした。

ツアー客も私が中国語をうまく話せないと分かると気を使ってくれて、
途中で何度も声をかけてくれる。
ツアーで行くと集合場所と時間が気になって、同じツアー客が居るか
気にしてばかり! 

3日目  市内観光

今日の4時の飛行機で上海へ
今日の予定は彼女に会いに行くこと。
朝ゆっくりと屋台の湖南米粉(うどん)を食べた後、歴史博物館へ。




朝9時半というのに一般窓口は100m位並んでいる。

窓口はその他に団体窓口と特別観覧窓口が有って、特別窓口に
年寄りが時々身分証を見せてチケットをもらっている。

私もやってみよう!パスポートを見せたらすんなりチケットをくれた。
それも無料。 やったね!!!
一般窓口の人も同じチケットを持っている。
なんだ、ここは無料なのか??  でも並ばなくて済んだ。

早速彼女に会いに行く!


どこの誰かは知らないが、良く雑誌で見かける顔だ!



左のお姉さん色っぽいね〜。



西遊記の三蔵法師がインドから持ち帰った経典や仏像を保存するために

建てたと言われる大雁塔へ歩いていく。
日曜日なので家族連れで大変なにぎわい。



最後の締めは城壁へ
西安市内に入るには4個所の門からしか入れない。

城壁の上は現在では散歩コース。
それにしても歴史を感じる街でした。

日本からの西安ツアー、沢山の人が参加しているはずなのに、
この3日間全く会いませんでした。日本語話したかった〜!
ホームレスの独り言、分かったような気分???

ツアー旅行と違い一人旅するには、ある程度行きたい場所を
下調べしていくことが必要。
今回はうまくいった気分。

又ブログでお会いしましょう!
| 上海蟹の横歩記 | 04:38 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
西安一人旅
  上海蟹の横歩記

 シーアン(西安)へ
 シルクロードの東玄関口です。

初めて中国を統一した秦の始皇帝から前漢・唐と長期に渡り繁栄した
歴史ある都市です

今回はツアーに参加せず、
往復航空券を持っただけのはじめての冒険旅行

今回の「上海蟹の横歩記」は一人歩きの
楽しさ、苦労をリポートします。

中国人民元の為替レートは13円/元で計算してください。

初日
上海浦東空港から2時間半
片田舎にある西安空港に午前11時半に到着。

多くの旅行社が客引きしていると思いきや、迎えの旅行社がちらほら。

「えっ!何で??」勝手な思い込みがここで挫折。
人の流れに沿って行くとバスの発着所が。
「おっ、ここに居た」


バスの切符売り場の横に1社



まず、今夜のホテルを探さないと・・・
寝るだけだからビジネスホテルクラス250元/泊をゲット。

今日の予定、兵馬傭と華清池に行きたい。

今からだと2時間が掛るからバスでは難しいという。
何とかならないかと言うと、このお姉ちゃんの指さす先に白タク運転手が!

雰囲気を感じ取って3人位こちらを見ている。
その一人と交渉して100元値切って、500元で交渉成立。

ついでに明日の予定、華山ツアーを申し込む。
このツアーは8時間掛って475元。

いざ、兵馬傭へ



この運転手は交渉相手と違う運転専門、ほとんどしゃべらずかえって気楽。



空港で直ぐにタクシーに乗ったので腹減った〜!

到着して遅めの昼食、15元と割高だったが美味かった。

昼食中に女性が来て館内を案内するという(90元)
説明聞いても分からないから断ったが、館内は広いから一人で行っても
効率が悪いという。
まっ、良いか!よろしく。


チケット売り場、
左に並んでいるのは電気自動車のチケット売り場。
兵馬傭150元+電気自動車5元



この自動車で博物館前まで。西欧人が多いこと!



ここが博物館の入り口、やっと来たんだ〜!



案内人の女性、説明してくれるがほとんど分からない。



おっ、すごっ!この迫力に興奮。圧倒される。



兵隊の身長は180cm、全員同じ方向を向いている。
この先には始皇帝の墓が有るという。
因みに、傭とは死んだ人の代わりに埋葬する人形の事らしい。

やはり頼んで良かった。4号館位有るので広くて迷子になりそう。
一人では入門からまごつくところだった。感謝感謝!

第2の目的地「華清池」へ
唐の第6代皇帝玄宗と楊貴妃のロマンスで有名な場所。
息子の奥さんだった楊貴妃を自分のものにして、愛に溺れ政治を放棄し
権力を失ってしまった。
楊貴妃のDVDを見たばかり。(今はSEIHOさんが持ってます)



出たぁ〜! 楊貴妃さんだぁ〜!



ここは温泉の出る別荘だったので、湯殿がいくつも有る。


夜8:30からここ全体を使った楊貴妃を題材にした時代劇ショーがある。



ここは蒋介石も関係が有って、この華清池に居た時に共産軍に寝返った
張学良に追われ、裏山に逃げ込み隠れていたが拉致された場所。



ここが隠れていた裏山

現在、夜の8時だけどまだ明るい。

そろそろ市内に戻ろうかなぁ〜。こんな気楽さはある一人旅。
今日一日日本語喋っていないなぁ〜!
日常会話しかできない俺が、一人で良く西安に居るもんだ。
そんな事を思いつつ白タクで市内に戻ることにした。

写真が多くなったので、続きは明日にします。 バイバイ!
| 上海蟹の横歩記 | 04:09 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
上海蟹の横歩記

  毎日暑いですね・・・
   中国の田舎に
行って来ました。

上海のご夫婦が故郷に子供を迎えに行くと言うので一緒に。

田舎の子供は上海の学校に入学できないので、
親に子供を預けて出稼ぎ。
7〜8月は夏休み、9月の新学期までは上海で水入らずの生活。

上海〜南京は、6/30開業の北京行き新幹線
当初、時速350kmが安全不安で300kmに減速営業。

6月から切符を買うのにパスポートが必要。

切符にはパスポート番号が入っていて、公安確認があるらしい。
中国人も身分証を常に携帯していて、いつでも提示を求められる。
1時間で南京に到着、約300Kmで運賃は約1,800円。

南京駅からは長距離バスで・・

バスには1/3程度の客しかいない。
しかし、車掌の様子がおかしい??

前から席を詰めさせて、後ろはガラガラで発車??
500mも走ると停車し、乗客がぞろぞろと乗ってくる。
後ろも詰まり、通路にも小さな腰掛けを人の股に入れ次の人が座る。
すし詰め状態で発車!

後から乗った乗客の運賃は運転手と車掌の山分けらしい。

それにしても、トイレの近い人は絶対乗れない!!
日本の高速バスをイメージしていると大間違い。
クッションもないカバーぼろぼろのオンボロ!!
2時間乗って400
円。

  

バス停には三輪タクシーで村まで40分
何処まで走っても100円程度

 

ご夫婦の故郷、上海の北西部

軍歌でおなじみの徐州市と南京市の中間にある

江蘇省准安市洪澤県、ミステリーツアーの到着地。
中国は省・市・県・鎮・村の順番。

農業と漁業で生活する村に到着!
道路には鎌・鍬等が売っていていかにも田舎。





食堂で遅がけの昼食をごちそうになる。

湖のほとりの村だけに、魚料理がメイン
上の牡丹のような物は米粉を焼いたもの
甘辛に煮た小魚はなかなかいける。
下の料理は魚の白身のつみれ。
どちらもニンニクと生姜をたっぷり入れ泥臭さを抜いている。



ここは奥さんの実家
レンガを積み上げただけの家

  

中心に10畳位のリビング、左右に6畳程度の寝室が2間

2Lのみ、キッチンとトイレは屋敷の外。
リビングは麻雀用、寝室は娘2人の里帰りの時の寝室
生活を支える娘がここの家長。

両親は別棟の炊事場の隣の小部屋で寝起き

  

炊事場は今でもかまどを使っている。
右はトイレ、冬は寒いので寝室に桶を!
因みに、風呂もシャワーもなし。

田舎の生活をしっかり見せてもらいました。

子供は今年から中学生
村に中学がないので県のアパートにおばあさんと下宿
家賃2,000円のワンルームに引っ越し。

  

引っ越しの自動三輪車
あまりの骨董品につい写真を!

運転席の配線は全部裸、良く動くねぇ〜!

  

県とはいえこんな風景、足は全部電動三輪車。
坂道はペダルをこいで補助。

タクシーもあるが、全部乗合タクシー。
メーターもなく方向が違うと乗せてもらえない。

何日か遊んで帰ろうと思ったが、全くすることがなく
早々に帰ることにした!

中国は沿岸部は本当に発展し近代都市になったが、
内陸に入ると本当に貧乏で、格差がどんどん広がっている。

この地域の月収は12,000円程度。

若い女性はどんどん上海に出てきて、親に仕送りできるが
男は上海の建設現場で働くか、地元で農業するしかない。

帰りに最大の恐怖が!!


この写真、なんだか分かりますか???

この運転手
、高速バスの停留所まで乗った3輪車の運転手
道を行きすぎて逆走を始めた。

前からトラック・バス等大型がガンガン走ってくるのに平気?
これ、高速道路の取り付け道路、どれも100km近いスピード
前のセンターラインのガードレールの切れた所まで300m
本当に生きた気がしなかった!!

中国ミステリーツアーでした!
| 上海蟹の横歩記 | 04:41 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
上海蟹の横歩記
JUGEMテーマ:日記・一般  1月26日 水曜日 晴れ

  6時・・・・ 帰って
  ビール片手にPC開いたら・・・
  久しぶり上海蟹の横歩きが・・・

  good timing!
  変わり映えしないブログに・・・・ありがとう!

 
 寒い上海から脱出してタイへ
    行って来ました。
 パタヤ ゴルフツアー

上海に住む61歳〜77歳のゴルフ仲間5人
私以外は毎年この時期タイへゴルフに

今回は「タイ パタヤへ7日間 ゴルフ4回の旅へ」

バンコクの空港から南に車で1時間半
最初はベトナム戦争の帰休兵の保養地として開かれたが
今ではアジアを代表する国際的リゾートとして、欧米人の
バカンスの地となっている。

上海からは4時間30分のフライト
因みに、格安チケットで3万円

ビーチ沿いのホテルに着くと早速ビーチサンダルを購入
Tシャツ・短パン・ビーチサンダルが盛装??



街の至る所にファミリーマートとセブンイレブンが在り買い物には
全く不便をしない。



両替所・ATMも多く簡単に両替できる。
1バーツは約3円、物価が安いのでポケットに1万円持っていれば
全然安心!



市内には乗合自動車が巡回していて、何処でも乗り降りできる。
1回10バーツ(30円)



ビーチで日光浴をする欧米人、日本人は全然見かけない。
海がきれいでないので泳ぐ人は、沖合8Kmにある島に
渡る。



真っ赤な太陽が海に沈む



タイ式マッサージの店がホテル周辺だけでも5分以内に10店舗
足底、全身マッサージは1時間 200バーツ(600円)
因みに、上海では1,000円




夜はBEER BARへ!  欧米人はビール80バーツでねばる、ねばる!
欧米人が幅を利かして日本人には入りにくい。

下の写真の女性の中にはオカマも多い。
背が高くて細いのはほとんどオカマ。話すと男の声でビックリ!



浜辺の海の上にある海鮮レストランは満席。
とことん飲んで食べて1人3000円。



4日間ゴルフをしたけど、サイアムカントリークラブは全米女子ゴルフの
第一戦をするコース。
昨年は宮里藍ちゃんが優勝。
今年も2/17〜20まで開催。



タイでは5人でも一緒にスタートができ、以前は暑いので日傘持ちや
椅子持ちまでついて回ったと聞いたが、今ではカートになったせいか
そのような光景は見られなかった。

ゴルフは5000円程度、サイアムだけは名門なので9000円。
キャディにチップ600円。



休養日にはゾウに乗りに!

同乗した奥さんは娘夫婦が埼玉の新座から来たので、パタヤに
遊びに来たというバンコク在住の駐在員の奥さん。(念のため)



行ってきました〜! タイ名物のニューハーフショウ!
1時間半 3,600円
この光景はショーが終わった後外に出てきて写真撮影。
ショーは豪華な舞台とエンターテイメントでお客を魅了。



撮っちゃいました〜!    ゴメンナサ〜イ!

リゾート地 パタヤ 行く気になりましたか

高校時代のクラスメートが200Km離れた所から会いに。

前回タイに行った時以来12年ぶれの再会で満足満足!
一週間穿き続けの短パンは擦り切れて破れました。

ベストビーチビラ 宿泊客の8割は日本人ゴルフ客
北海道からのグループは1か月滞在し、15ラウンドやると頑張っていました。

年金生活者は海外でエンジョイしていますね〜!

特に欧米人は、ヤシの木陰で日光浴をしたり本を読んだり。
ゆったりと時間を楽しんでいます!
| 上海蟹の横歩記 | 05:47 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
上海世博会
JUGEMテーマ:旅行
 
今日上海万博に行ってきました。

最近の上海は毎日28℃以上あり、半袖で過ごせる良い天気が続いています。
昨日、前売りフリー切符160元(約2,200円)を買ってきたので
早速行ってきました。
前売りも当日券も値段は変わらないけど、
人でごった返していると買えないので・・。
ダフ屋は厳罰とお達しが出たため、珍しく何処にも見かけない。

朝10時に家を出て、地下鉄で会場まで。



これは地下鉄の駅です。切符を買って手荷物検査を受けてから乗ります。
万博の期間中だけ、手荷物検査が全部の駅で受けます。



これが自動切符売り場です。
何番線の何処の駅まで行くか分からないと買えません。
地下鉄もバスもとても安くて、バスは2元、
地下鉄も距離によって3〜7元くらい。
因みにタクシーは初乗り12元(約170円)で
30分位のっても400円位です。



ホームは何処も扉が付いていて、行き先も書いてあるのでよくわかります。



会場近くには案内がありますが、日本語はありません。
でも日本人は漢字を見ればほとんど分かるから心配なし!



会場に入る前に人民解放軍がチケットの確認をしています。
ものすごく混んでいると思いきや、全然混んでいなくて拍子抜け。



ここで入場ですが、ここに来る間にボディチェックがあり、
飛行場と同じでライターまで取り上げられる。
飲み物も持ち込み禁止。



中国館です。ここは入場整理券がないと入れないため、
会場にある予約機で予約が必要です。



一番人気の日本館です。ものすごい人が並んでいます。



待ち時間3時間20分の表示が出ていました。



中国館の隣の香港とマカオ館です。



インド館です。中では民族舞踊などやっていて待っている人・人・人・・



一番人気のない北朝鮮館。待ち時間は無し!
中は平壌の写真や絵はがきだけ。



ネパール館です。この程度並んでいても、10分くらいでは入場できます。



それにつけても、暑いし歩き疲れる。
地方からの旅行者はもっぱら日陰でぐったり??

写真が多くて、ブログが重くなってきたのでこの辺で写真はやめます。

今日は10時から15時位見て回りましたが、人気館は全く入りませんでした。
会場はA,B,C,D,Eの会場に分かれていて、
今日見たのはA地区のアジアだけでした。
広い会場なので歩き疲れますから、
行かれる時はスニーカーと帽子か日傘は必需品ですよ。



最後の写真!
空いていたレストランに入って食事。100元(1,400円)
鶏のから揚げ定食、みそ汁と思いきやコーンスープでした。
茶碗蒸しらしきものと小皿3品(キムチ・煮物・再度鶏のから揚げ)
ご飯のテンコ盛り(かたくて一口食べてやめた)

昼食は高くてまずいし、長蛇の列だから市内のローソンで
弁当かおにぎりを買って行くのがベターでした。

上海世博会の雰囲気は感じてもらえましたか!

私は今からマッサージに行きま〜す。
真的累了(本当に疲れました)

次回は新疆ウルムチの旅行記でお会いしましょう!

| 上海蟹の横歩記 | 19:16 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
上海蟹の日々(6)
   ゴメンナサイ


   蟹も息切れして泡吹いています!

   それにしても、ブログを毎日書くということは
    大変な事ですねぇ。
   斉放さんの根気には、今更ながら敬服しますよ。

   今日帰ってきますから、明日にはお土産話が???

   お付き合いくださってありがとうございました。

   

   私に似ているとプレゼントされました。
   でも、ここまではお腹が出ていませんよ。

  
| 上海蟹の横歩記 | 05:50 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/3PAGES
  • >>