内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
<< 着物の仕立て | TOP | 友人と出会いとランチと >>
暮らしの手帖の「塩糖水」

JUGEMテーマ:日記・一般   2月16日 土曜日 晴れ

 

明け方の夢・・

記憶があるようで

無いようで

「恥ずかしかった」ことだけ・・

体に残る

 

雑草の中の雑草ですが

黄色のオキザリス

 

花の無い時には

貴重な‥生花

 

 

着物作り

 

残る前に進むしかない

 

シクシクまつるが生地が固い・・

7時半

「まんぷく…」はもう声だけで充分

見なくても

見えているようにわかる

 

今日は袖付け

昔を思い出しながら・・昼まで

 

取りあえず舞台用

寸法さえ合えば・・それでいいが・・

 

 

午後から

アルゼンチンタンゴへ

真剣な運動らしいものは

これだけ・・

つま先立ちのダンスの緊張感

 

この頃太った実感は無いけれど・・

数字は確かに

1.5キロ増

砂糖袋が1ツ半分の余分な肉が

どこかに付いたことに・・

 

重心が安定せず・・

転ばないように・・

2時間のお楽しみ

 

駅のホームにドラえもん

ピンクの玄関あけたら

ドラえもんが「お帰り・・」・・なんて

顔出してくれたら

ついぞ笑顔に・・

 

戸田公園

駅降りたら

低血糖の前触れ・・

 

大急ぎで

パン屋さんへ駆け込み

アンパンと揚げパン買い家に

 

コーヒー飲みながら

ホッと一息

 

暮らしの手帖の「塩糖水」

朝漬けて夜に鍋ものへ

 

塩・・小さじ1

砂糖大匙二分の一

水100mℓ

肉250グラム

この割合でつけて置くと何でも

下味が付いて美味しい・・とか

 

鍋にしたが・・

確かに味がしっかりついていて

美味しい

 

これに酒粕入れてもいいかも・・

 

 

| 日々の事 | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.uchiyamaseiho.com/trackback/1304227
トラックバック