内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
<< ペンキ塗り | TOP | 端唄の会に >>
薪能を氷川神社で

JUGEMテーマ:日記・一般  5月26日 日曜日 晴れ

 

日曜日はのんびり

暑くなりそうな・・

 

早々から

韓国映画

「愛を歌う花」を見る

 

これは時代背景もよく

妓生二人の歌での

恋物語

 

知っている曲が・・

美しく歌うシーンがあり

大急ぎで書き取る

「これは覚えたい!」

 

押し入れの服の断捨離

去年作って

ワンピース1回着たか?どうか??

 

紺色の縮緬の羽織

捨てるのは惜しい

 

長袖を切り捨てて

袖なしに・

軽くていい・・・

 

 

黄色のワンピースも

描いたあった絵に

漂白剤でまた描き

立体感を出す

 

白く抜けて良い感じ

氷川神社に着て行く

 

 

夕方

大宮氷川神社で「薪能」

楠の木の御神木が

枝を伸ばして・・

その下が舞台

 

雅楽と共に

火入れの儀式も荘厳。

 

薪がぱちぱち・・火の粉が上がる

その煙がまたいい香りで

最後まで火焚き人が付いている

 

能・・・金春流

「嵐山」

狂言・・・和泉流

「入間川」

能・・・宝生流

「経政」

 

 

ハラハラと葉が舞い散り・・

真っ暗の中に

白い能面が浮かび上がり・・

外の雰囲気は最高!

 

40代の頃

福岡から東京へ転勤して来て・・

 

その時早稲田の友人が能をしていると聞き

古典の能に憧れて・・私も

 

神楽坂にある観世流のお宅・・

古くて素敵な舞台がありました

この舞台の下には大きな壺がいけてあり

拍子を踏んだ時に響きがいいと・・

 

3回ほど発表会もあり

50歳まで・・

 

舞のしぐさを懐かしく

色々思い出しながら

 

暗闇の中に浮かぶ

荘厳な美しさを・・・・

 

ここで1首…1首・・と思いつつ

 

| 日々の事 | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.uchiyamaseiho.com/trackback/1304328
トラックバック