内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
<< 初のインドカレー? | TOP | 月曜日クラスのお稽古 >>
千葉の南三原へ

JUGEMテーマ:日記・一般 7月7日 日曜日 雨

 

七夕

店に、駅に、集会所に・・

子供達の書いた短冊を横目で眺める

 

友人3人

9時8分、新宿発で千葉へ

 

先ずは館山まで

行楽日和となならず・・

雨の中を電車は走る・・

 

3人寄れば姦しく

久し振りの出会いも嬉しくて

せんべい食べながらのお喋り

 

館山過ぎたら・・・あら?青空

其処から又乗り換えて4駅

南三原で降りる

 

 

先ずはランチタイム

海岸沿いに建つ

 

地元の「イワシ料理」を紹介して頂き

てんぷら定食

 

イワシ尽くし・・餃子も

新鮮でとり合わせもよく・・満足

 

 

古民家ギヤラリーに着く

「MOMO」

 

緑の田んぼが続く中に

ありました。

 

別棟で「西永芙沙子」の絵画展

フランスで勉強したという油絵

小さいが色彩とセンスの良さが見えて・・素敵

 

素敵な笑顔で何年ぶり?

お会い出来ました。

 

 

素敵な大きな古民家のギャラリー

(写真撮る間がなく)

かつて私が

伊勢丹、丸善でお世話になった

オーナーのお宅です

 

天井が高くて

黒くて大きな梁や柱が見事

そして私の暖簾もかかり・・

 

個展の折には

いつもこの別荘の

話を聞き、お誘いを受けていたが

やっと、やっと実現しました

 

裏には一面の緑

金魚草が咲き、百合が咲き

 

ここで2時間の

ドキュメンタリー映画を見る

「原始、女性は太陽で会った

  平塚らいてふの生涯」

  羽田澄子監督

 

「原始、女性は太陽であった」と言えば

 誰もが知っている言葉

 

革新的な考えも持ち主で

女性解放運動家

反戦、平和活動にも・・

一本筋の通った顔で

晩年まで活動

 

終ってお孫さんである

奥村直史さんが語る

 

「祖母は先天的な喉の異常で

あまり大きな声で話す事はでなかった」と

イメージとは違い内気で

人と話すのさえ苦手で

孤独愛した人だと・・・

話は続くが・・

 

東京は遠い!

「さあ帰らなくては・・・」

1時間に1本しかない電車に飛び乗り

 

乗り継いで乗り継いでの帰宅となりました

 

| 日々の事 | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.uchiyamaseiho.com/trackback/1304370
トラックバック