内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
<< 爽やかな内に | TOP | 牡丹の頃 >>
白隠の書と絵

JUGEMテーマ:日記・一般   4月23日 金曜日 晴れ

何処までも

澄み渡る新鮮な空気

 

埼京線沿線

一駅間歩く

 

茶の新芽

 

子供の頃思い出す

浜松の田舎うまれ

 

茶摘みを手伝い

また茶の工場が近くにあり

 

この時期はいつでもいい香りが

漂っていた。

 

一葉採って揉むと

ん〜ん 茶の香り

 

紅葉

緑の枝の流れが優雅

実もそだちつつ・・赤がいいアクセント

 

昼まで定番仕事して

ランチ

 

朝の内に

スパゲッティの具を

玉ねぎ、茸類炒めて

チキン味で味付けして置いた

 

芹も上にのせて

 

日向ぼこしながら

 

「白隠の芸術」をいた読む

断捨離でも

この本だけは捨てきれず・・

時々眺めて

 

遠州の僧

独特の絵と

素直に大胆な書

若い時に感動して・・

 

戯れ絵もあり

分かりやすく禅をとく

 

この達磨の絵が一番好き

 

白隠坐禅和讃がある。

折帖に書く

「衆生 本来仏なり・・・・」

 

これ法事などで

読んだ記憶あり

 

言葉としても難しいが

ゆっくり書いていくと

段々言葉の理解が出来る

 

たまに気を落ち着けて

書を書くのもいい。

 

夕飯

私が「イワシのフライ」蟹が「肉じゃが」

 

| 日々の事 | 04:46 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする