内山 斉放 「SEIHOな日々」

ただいま創作活動中!
手紙の品格


手紙を書く  メールブルー

  郵便受けから友達から届いた手紙を受け取ったときの嬉しい事。
  開けるまでわくわくしますね。
  
  素敵な字で美しい封筒だったらなおさら
  手紙に品格が、またその人の品格まで見えて。
  
 
  私もそんな品格に憧れますが・・・性格的に無理

  便箋にも封筒にもこだわる事もなく・・・
  毎日手紙を書いてます。

  お願い事、お礼、お知らせから・・・

  季節の絵を添えて・・・
  落ち着いて,そして心をこめて・・・

  只、読みやすいように心がけています。  漢字を忘れて、
  ひらがなでごまかすことも多くなった昨今ですが・・・
 

  字はそれぞれ個性があり、また字から気持ちまで見えますね。

  いただいた時の嬉しさ、また嬉しさを知らせたい時…
手紙を書きましょう。

  手紙は書かなければ返事は来ません。
| | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
アートな墨象



       墨象

 アート・デザインの墨象。

 私の気にいった作品の一つです。 
 洋風でも和風の部屋にもいいですね。
 

 手漉きの襖紙に、描いた墨の象。

 紙の繊維が混じっているので面白い線が生まれ
 白と黒をバランスよく・・・
 又墨の濃淡を生かして・・・
 にじみ、かすれを出して・・・

 偶然性も大きくて、
 パーフェクトと思う作品はなかなか出来ません。

    箸袋です食事

 おもてなしの時には大事な雰囲気作りですね。 ちよっと手描きで和紙に・・・
 季節の花
 季節の野菜
 百人一首
 達磨さん
 猫 ・・・・・など

 家でお稽古の時は毎回お昼の食事がありますので
 季節に合った花等を描きます。

| | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
書と絵

          
      三人天女と千字文

天女達の語らいと・・・
 そして後ろの文は千字文と言います。
一千字で出来ている中国の詩です。
天地、宇宙が悠久であると・・・
人間の正しい生き方を・・・を説いてます。

一千字、同じ字を使ってないんです。
  
 グレーの地塗りをしてその上に千字文
えんじ色のお月様がアクセントになっています。

 
     人間万事塞翁が馬

生きる事すべてめぐりあわせと言う事ですね。
流れに逆らう事も・・・
自然の流れに任せることも・・・それもまた

長い事生きてくると、
先輩達の言葉が一つ一つ実感できるようになってきます。

万人の生き方が皆違う事が・・・
| | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
書を飾る


   創作の書  観と樹 

洋間にも日本間にも合うように字をアレンジしてみました。

ボード張りなのでとても軽くて重宝、
上下に並べたり、くつっけたりとすると
また雰囲気が変ります。
 
墨の世界は奥が深いのですが、大切な事は
  白と黒のバランスの美しい事です。

また書の創作は見るのも書くのも難しいですが、
落ち着いていて ほっ とさせてくれる物が
いいですね。

日々感性を磨き、個性のある作品を作りたいです。
 
| | 20:42 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • <<
  • 2/2PAGES